骨董品買取についてしっておきたい

彫刻

骨董品の中でもブロンズ像は西洋美術でよく見られ、材料は主に銅や錫、亜鉛などで制作されています。

美術館で展示されているような等身大の人間に近いサイズの物から、一般住宅にインテリアとして置けるサイズまで様々な種類があります。

 

ブロンズの特徴として劣化しにくい材料で作られているため、メンテナンスやケアができなかった場合でも保存状態が良いものが多く存在していて、それが骨董品買取での評価を高める理由の一つになっています。
彫刻品は西洋だけでなく東洋でも積極的に制作され、日本では木材を材料とした仏像が知られています。有名な彫刻家が手掛けた作品は、骨董品買取の現場で何百万円もの価値がつく事も珍しくありません。

美術品の中でも彫刻は制作難易度が高く、細かい部分まで精緻に彫られた彫像は特に高値で買い取られる傾向にあります。
また、ブロンズとは違い木材は経年劣化が起こる材料ですので、保存状態の良い昔の彫刻は価値が高まります。