骨董品買取についてしっておきたい

日本画

日本画は、同じ作者の物でも、その出来栄えや製作した年代により評価が異なります。

その為、骨董品買取に出す場合にはその年代が分かる物が有るとより正確に査定してもらうことが出来ます。

作者や製作年代を判断できるような箱や箱書きなどは、捨てずに一緒に保管しておくと、より正確な査定を受けることが出来ます。また、傷、破れ、シミナドが有ると査定は一般的に低くなってしまうものですが、中には破れやシミ等が当時の年代や歴史を示す重要な要素となることがあります。

逆にきれいすぎるものの場合には新しく製作された贋作の可能性もあるので、まずはそのままの状態で査定してもらうことが非常に重要です。

日本画の価値は作者や年代に大きく左右されますが、その時代を生き延びてきた人々の歴史が刻まれているところにも価値が有るのです。

その為、見た目には汚れてしまっている物でも、大変な価値が有るものも少なくないのです。日本画を骨董品買取に出す場合には、このような点を意識して査定を受けることが大切です。