骨董品買取についてしっておきたい

陶芸

陶芸などの骨董品買取にはポイントがあり、一つはその作品に骨董的な価値があるかどうかです。
骨董品として重要なのは古いことと希少性であり、時代が古ければ古いほどその価値は高まりますし、希少性があるほどその価値は高まります。

また、骨董品買取には定価は存在せず、自然に形成された相場価格が目安とされます。そしてその相場価格は時代と共に変化していくので注意が必要です。

 

2つ目のポイントはその作品の作者の著名度です。
その作品の作者が著名であれば著名であるほど買取価格は高くなります。

作者が著名であれば、近現代の作品であっても高額な買取価格がつくことはありますし、晩年に人間国宝になった作者が若いころに手がけた作品が実用品として広く出回っている場合もありますので、これらのものが意外と自宅に眠っていることもあります。

 

さらに、これら2つのポイントに付け加えるならば、保存状態といったことも重要です。もちろん、保存状態が良いほど買取価格は高くなります。