骨董品買取についてしっておきたい

日本画

骨董品の中でもよく聞く日本画ですが、最初はわざわざ日本の絵画であると分類されていたわけではなく、1870年代に西洋の絵画、つまり洋画が日本に入ってきた事で西洋画と日本画を分けるために名称が付けられました。

一般的に膠(にかわ)絵具で描かれた日本の絵画であり、油絵などの材料とは違う日本独特の絵画のを意味します。
中国の美術の影響を受けていて、初期は中国美術の技法や画風が強く取り入れられいる作品が多いのも特徴です。

徐々に日本独特の画風に移り変わっていきますが、骨董品買取では古い作品から新しい作品まで需要があります。

 

特に有名作家が手掛けた作品は、現代に制作されたものでも骨董品買取の現場で歓迎されています。

日本画の材料としては絹や和紙などがあり、そこに墨や箔、膠などの様々な材質で絵が描かれています。

この中でも和紙を材料としたものは適切な保管を行わなければすぐに劣化してしまうため、状態の良い作品は骨董品買取でも需要が高いです。